早稲田大学ヨット部について

早稲田大学ヨット部は1932年(昭和7年)に創部されました。 その後、1939年(昭和14年)に体育会に入会し体育会ヨット部となりました。全日本学生ヨット選手権大会では過去9回優勝しています。 現在は神奈川県の葉山、江の島を拠点に練習をしており、学期中には週末合宿、長期休暇中には長期合宿をして日本一を目指して練習をしています。 OB、OGの方々の中には、卒業してからもヨットと関わりを持ち、日本はもちろん、世界のセーリング界でご活躍されている方もいます。

ヨットについて

ヨットレースとは
出場艇が同時にスタートし、海に打たれたブイを回り、その着順を争います。レース中は体を動かしながら同時に頭も使うため、海外ではキングオブスポーツと呼ばれています。自分と一緒に乗っているペアと共に風や波、潮を見定めコースを考えていきます。

監督挨拶

関口功志 Koji Sekiguchi

早稲田大学ヨット部は、1932年の創部以来、常に「日本一」を目指して活動してきました。
ヨット(セーリング)は、人間だけでなく自然を相手にする不確実性の高いスポーツです。大学4年間という貴重な時間の多くを投資して努力を続けても、望む成果を得られないことも少なくありません。だからこそ、ヨット部の存在意義は、日本一を目指すプロセスを通じて、個々が自律的に活動し相互に高め合い、人として成長を重ねることにあると考えています。

私たちのアイデンティティは、他の強豪校に比べ、多様な個性を持つ学生が、共に学び成長できることにあると考えています。個々がそれぞれの強みを掛け合わせ、弱みを補い合うことで、他には真似できない魅力的な活動を目指しています。
そのため、私たちは、次の4つの価値観を重んじてチーム運営に当たっています。
・部員一人ひとりの多様な個性とその可能性を尊重する
・文武両道を志し、部員の自主と自律による運営を行う 
・互いの強みや経験から学び、個人もチームを成長を続ける 
・多様な関係者への感謝を忘れず、謙虚に真摯に活動する

文武両道と安全第一を大前提として、学生一人ひとりと向き合い、部活動を通じた経験や人とのつながりが学生の将来の礎となるよう努めてまいります。
部員のご家族、OB・OGの皆さま、大学関係者におかれましては、平素のご指導・ご支援に厚く御礼申し上げるとともに、今後も変わらぬご高配を賜れますようお願い申し上げます。
早稲田大学ヨット部監督 関口功志(平成18卒)

主将挨拶

鶴岡 由梨奈 
Tsuruoka Yurina

早稲田大学ヨット部新主将を務めることになりました社会科学部新4年の鶴岡由梨奈と申します。
OB、OG、関係者各位、そして部員のご家族の皆様におかれましては、日頃よりヨット部の活動への多大なご支援とご声援を賜り、誠にありがとうございます。

創部90年の節目に、早稲田大学ヨット部の主将という大役をいただき、とても光栄に思います。そして、全日本インカレ総合3連覇に挑戦できることを嬉しく思います。

昨年度は、蒲郡の地で新井主将の下、全日本インカレ総合2連覇を果たすことができました。部訓「至誠一貫」を部員全員が体現し、選手だけでなくサポートのメンバーを含め、チーム一丸となって戦い抜いた結果だと確信しております。
今年度は、昨年度のレギュラーメンバーが多く抜け、競技力が大幅に低下することが予想されます。その為、長年築き上げられた伝統を引き継ぎながら、強い早稲田を0から創って行く大幅な変革を行う所存です。そこで、今年度の部訓として「進取」を掲げました。飽くなき向上心のもと、日々の活動から主体的にチャンスを掴み取る気概を持って取り組むことを部員全員で徹底していきたいと考えた為です。また、日本一は誰かから与えられるものではなく、自ら掴み取りに行かなくては決して得ることができないものです。早稲田大学として、琵琶湖インカレでの優勝は未だ手にしたことがない為、挑戦者として琵琶湖での初優勝・3連覇をチーム一丸となって取りに行きます。

前例のない挑戦、変化にはリスクが伴います。しかし、失敗を恐れず、より高い基準を目指して果敢に挑戦することはチームが成長するチャンスであると強く信じております。チームとして苦しい時期もあるかとは思いますが、逆境こそチームが飛躍的に成長できるチャンスと捉え、各部員の強みを最大限発揮し、チームとして最高の結果に繋げたいと思います。

至らない点も多いと思いますが、全日本インカレ総合3連覇を目指して精進して参りますので、2022年度もご支援、ご声援を何卒よろしくお願い致します。

主務挨拶

松尾 華 
Matsuo Hana

この度、早稲田大学ヨット部主務を務めさせていただくことになりました、スポーツ科学部新4年松尾華と申します。

初めにOB.OG、大学関係者の方々、部員のご家族の皆様におかれましては、日頃よりヨット部へのご理解、ご支援賜りまして誠にありがとうございます。

昨年行われた全日本インカレでは総合優勝を果たすことができました。昨年度は新合宿所が建設され、充実した環境で合宿させていただけているのも関係者の皆様のご支援のお陰です。
私たちは今年の部訓を「進取」にしました。部訓の通り、今年は部員一同自分たちの置かれた現状に満足せず、自ら新しいことを学び、挑戦する気持ちを持って1年間活動していきたいと思います。
全日本インカレで勝ち続けることは簡単ではありません。部員一同努力を重ね、謙虚に部活に取り組んでいきたいと思います。11月琵琶湖で全日本インカレ3連覇を成し遂げ、全員で喜びを分かち合えるように部員一同精進して参ります。

関係者の方々にはご迷惑おかけする事もあるかと思いますが、今後とも変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

早稲田大学ヨット部
主務 松尾華

成績(2021)

関東学生ヨット選手権大会(春) 不実施
同志社戦 総合優勝 470級:優勝 スナイプ級:優勝
早慶戦 総合優勝 470級:優勝 スナイプ級:優勝
関東学生ヨット選手権大会(秋) 総合:優勝 470級:優勝 スナイプ級:優勝
全日本学生ヨット選手権大会 総合:優勝  470級:2位 スナイプ級:優勝
全日本学生ヨット選手権大会 総合:優勝  470級:2位 スナイプ級:優勝

活動場所

葉山

・神奈川県三浦郡葉山町 葉山新港
日本ヨット発祥の地であり、インカレの関東大会もここで行われています。2021年度に新合宿所が完成致しました。