早稲田大学ヨット部について

早稲田大学ヨット部は1932年(昭和7年)に創部されました。 その後、1939年(昭和14年)に体育会に入会し体育会ヨット部となりました。全日本学生ヨット選手権大会では過去8回優勝しています。 現在は神奈川県の八景島、葉山、江の島を拠点に練習をしており、学期中には週末合宿、長期休暇中には長期合宿をして日本一を目指して練習をしています。 OB、OGの方々の中には、卒業してからもヨットと関わりを持ち、日本はもちろん、世界のセーリング界でご活躍されている方もいます。

ヨットについて

ヨットレースとは
出場艇が同時にスタートし、海に打たれたブイを回り、その着順を争います。レース中は体を動かしながら同時に頭も使うため、海外ではキングオブスポーツと呼ばれています。自分と一緒に乗っているペアと共に風や波、潮を見定めコースを考えていきます。

監督挨拶

関口功志 Koji Sekiguchi

早稲田大学ヨット部は、1932年の創部以来、常に「日本一」を目指して活動してまいりました。
チームの特徴は、他の強豪校に比べ、さまざまな背景と持ち味を持つ学生が集っていることです。その中で「日本一を目指す」ことの意義は、共通の目標を達成するプロセスを通じて、個々が自律的に活動し相互に高め合い、人として成長を重ねることにあると考えています。そのため、2014年の監督就任以降は、「学生が自ら判断・行動すること」、「個々の可能性を最大化すること」を重視してまいりました。
文武両道と安全第一を大前提として、学生一人ひとりと向き合い、部活動を通じた経験や人とのつながりが学生の将来の礎となるよう努めてまいります。
部員のご家族、大学関係者、OB・OGの皆さまにおかれましては、平素のご指導・ご支援に厚く御礼申し上げるとともに、今後も変わらぬご高配を賜れますようお願い申し上げます。

早稲田大学ヨット部監督 関口功志(平成18卒)

主将挨拶

岩月大空 Ozora Iwatsuki

いつもお世話になっております。
この度、2018年度早稲田大学ヨット部主将を務めることになりました、岩月大空と申します。
早稲田大学ヨット部が新体制を迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。
早稲田大学ヨット部主将は歴代数多くの偉大なる方々が務めてきた大役であり、チームにとって非常に重要な役割と認識しております。主将を務めさせていただくということで、身の引き締まる思いです。
昨年度、全日本インカレ四連覇を逃してしまい、王座奪還に全てを捧げる一年が始まります。王座奪還は決して容易いことではありません。現状のままでは決して成し得ないことも重々承知しています。この状況を打破するには、圧倒的な練習量、競技力、チーム力が必要です。ここから部員一人ひとりが変わっていかなければいけません。私は主将として、選手として、その先頭に立ち続けていきたいと思います。
私達早稲田大学ヨット部の全員が、負けを知らない代から、負けることが何より悔しいことを知った代となりました。この悔しさを糧に、私達がすべき事は、初心に返り全てにおいて妥協する事なく、全員が全日本インカレで総合優勝するための常に成長のための努力を惜しまない事です。
チームを引っ張っていく立場となった今、私がすべきことは行動で示し引っ張っていくことです。誰よりも勝利に貪欲で、妥協する事なく努力し、日々精進していく所存です。
全日本インカレ総合優勝へ向け、着実に一歩ずつ進んでいきます。どれだけ小さな一歩だとしても、勝利につながる一歩と信じてチーム全員で進んでいきます。
OB・OGの皆様をはじめ、監督、コーチ、家族、大学関係者など多くの人に支えて頂いていることへの感謝を忘れることなく、成績で恩返しができるよう一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

早稲田大学スポーツ科学部4年 岩月大空

成績(2017)

関東学生ヨット選手権大会 総合:優勝 470級:優勝 スナイプ級:優勝
同志社戦 総合:優勝
早慶戦 準優勝 470級:準優勝 スナイプ級:優勝
関東学生ヨット選手権大会 総合:優勝 470級:優勝 スナイプ級:優勝
全日本学生ヨット選手権大会 総合:準優勝 470級:3位 スナイプ級:3位
全日本学生ヨット選手権大会 総合:準優勝 470級:3位 スナイプ級:3位

活動場所

八景島マリーナ

八景島

・神奈川県横浜市金沢区八景島マリーナ
八景島シーパラダイス内にあり、他大学と共有の合宿所です。オフシーズンにここで合宿します。

葉山

葉山

・神奈川県三浦郡葉山町 葉山新港
日本ヨット発祥の地であり、インカレの関東大会もここで行われています。大会シーズンにここで合宿します。